FANDOM


WHO IS IN - 「誰が中にいるか」という公案を使った瞑想ワークショップです。

(テスト中だとありましたが、以下のようでよろしいですか? komalagita)


AWARENESS INTENSIVE JAPAN   [1]

公案「Who is in」とOSHO瞑想を行うメディテーションリトリートのご案内です。

--- * Who is in 2 days Retreat in 東京

  3月20日、21日/9:30~4:30/中根住区センター(目黒区)

--- *who is in 7 days Training in 女神山(長野県)

  4月28日(午後3時から)〜5月5日(午後3時まで)

--- *who is in 3 days Retreat in 女神山(長野県)

  5月1日(午後3時から)〜5月4日(午後3時まで)


瞑想にいたる公案メソッドの鋭さは、たぶん、

あなたが思った以上の効果を体験させてくれるでしょう。

公案は、悟りに至る修行の一環として使われますが、

それだけでなく、社会の中で生活をする私たちの迷いの解決を与えてくれます。

公案に向かう時、私たちの意識が内側に向かいます。

それが何であれ、そのときの自分の状態に向き合うことになるでしょう。

混乱した社会に生きる私たちの思考と感情は混沌としています。

私たちの気づいている意識は氷山の一角であり、

その一角から、公案が矢のように

私たちをうちなる暗黒や、未知の世界に誘い始めます。

その経過に、私たちは自分がどのような状態であるかを

はっきりと認識し始めます。

時には、長年に渡って苦悩し続けた問題に光が差し込むこともあり、

また、一気にトラウマトリックから解放されることもあります。

悟りや光明は、私たちが、

これらから浄化された時に一瞥として訪れます。

この体験をし続けると、私たちはようやく、

自分の存在の変容を感じ始めることができるのです。

公案は、私たちのマインドを一掃し、ピュアコンシャスに誘います。

マインドとは、思考と感情が複雑化された雲のようなものです。

公案は、これらを矢のように通り抜け、

あなたが渇望している<それ>に遭遇する強力なメソッドです。

公案を行う時、私たちはOSHOアクティブ瞑想を同時に行います。

アクティブ瞑想は体の気の循環を活性させ、浄化させる効果を高めます。


..... by komalagita

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki